FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マゾへの目覚め(3)

2008年11月29日 02:13

そのうち、マスターから山菜取りに誘われた。
川原のそばにいい山菜が取れるところがあるんだよと。
実は、山菜なんて口実にすぎないものだった。
それを私は、知っていた。
野外でセックスするのにいい場所に行こう、という意味だった。

車で川原までドライブ。
川原のそばには、休憩できる屋根つきベンチがある。
そこに座って、またフェラチオのレッスンが始まる。
前よりうまくなってきたな。
そう言われると嬉しくてがんばってしまう。
精一杯いやらしく、ねちっこく舐める。

マスターは、たまらなくなったのか、耳元で

お前のまんこにちんぽいれたいが、いいか?とたずねてきた。

私はフェラチオしながら頷く。
もう私も欲しくてたまらなかった。
何度も何度もフェラチオしたちんぽを。
私の中にうずめてほしかった。

場所を移動して、公衆トイレのまえへ。
パンティをひきおろされ、
公衆トイレの壁に手をつけて、後ろからいれられた。
にゅるりっと私の濡れたオマンコはちんぽを飲み込む。
すぐに飲み込んだけど、私のオマンコはどうもきついようで、

すごくこすれて、きもちいい・・・良過ぎ・・・とマスターが呟いた。

谷間に私のぁぁん?と言う嬌声とパンパンという音が響き渡る。

このままじゃ、すぐに逝ってしまいそうだとも言った。

山菜取りの老夫婦が途中そばを通りかかったけど、
恥ずかしくて、気持ちよくって、そんなことはもうどうでもよくなっていた。

しばらくして、マスターは、私のなかから引き抜き、白い液を空中に放った。

わたしのオマンコを使ってもらって、相手に気持ちよくなってもらうのは、
とても嬉しいこと。

砂利の上にボトボトとおちた精液のあとをみて私は満足したし安心した。
私は、男の欲望を吐き出すための役に立ったんだ。
その感覚が、女として、メスとしての自信に繋がる。


続く
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]



コメント

  1. じぇと | URL | -

    野外で、そんな状況・・・
    思わずぼくのも立ってきます・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sunshine6moonlight.blog120.fc2.com/tb.php/42-d20c37e6
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。