FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マゾへの目覚め(3)

2008年11月29日 02:13

そのうち、マスターから山菜取りに誘われた。
川原のそばにいい山菜が取れるところがあるんだよと。
実は、山菜なんて口実にすぎないものだった。
それを私は、知っていた。
野外でセックスするのにいい場所に行こう、という意味だった。

車で川原までドライブ。
川原のそばには、休憩できる屋根つきベンチがある。
そこに座って、またフェラチオのレッスンが始まる。
前よりうまくなってきたな。
そう言われると嬉しくてがんばってしまう。
精一杯いやらしく、ねちっこく舐める。

マスターは、たまらなくなったのか、耳元で

お前のまんこにちんぽいれたいが、いいか?とたずねてきた。

私はフェラチオしながら頷く。
もう私も欲しくてたまらなかった。
何度も何度もフェラチオしたちんぽを。
私の中にうずめてほしかった。

場所を移動して、公衆トイレのまえへ。
パンティをひきおろされ、
公衆トイレの壁に手をつけて、後ろからいれられた。
にゅるりっと私の濡れたオマンコはちんぽを飲み込む。
すぐに飲み込んだけど、私のオマンコはどうもきついようで、

すごくこすれて、きもちいい・・・良過ぎ・・・とマスターが呟いた。

谷間に私のぁぁん?と言う嬌声とパンパンという音が響き渡る。

このままじゃ、すぐに逝ってしまいそうだとも言った。

山菜取りの老夫婦が途中そばを通りかかったけど、
恥ずかしくて、気持ちよくって、そんなことはもうどうでもよくなっていた。

しばらくして、マスターは、私のなかから引き抜き、白い液を空中に放った。

わたしのオマンコを使ってもらって、相手に気持ちよくなってもらうのは、
とても嬉しいこと。

砂利の上にボトボトとおちた精液のあとをみて私は満足したし安心した。
私は、男の欲望を吐き出すための役に立ったんだ。
その感覚が、女として、メスとしての自信に繋がる。


続く
スポンサーサイト
[PR]

マゾへの目覚め(2)

2008年11月29日 02:02

ある時、駅前で酒を飲んだあとに、女の子同士である喫茶店に行った。

その後は一人で何度かその喫茶店へ。
喫茶店のマスターとそういう仲になってしまったのだ。
詳しい経緯は忘れてしまったけど。


そのころの私は、生足にミニスカートという格好が多かった。
あまり人のいない時間に喫茶店に行く。
田舎だし、いまどきのスターバックスのようなおしゃれなカフェでもないから
ランチタイムと夜以外はあまりお客が来ないのだ。

ミニスカートでスツールに腰掛ける。
ミニスカートは誘惑の印。いつさわられても良い状態だった。
マスターが、カウンターから出てきて私の隣に座る。
タバコとコーヒーの香りがする胸に抱き寄せられ、
もう片方の手は、私のスカートの中へ。
私のモノは喫茶店につくころには、いつも、すでに濡れていた。
これから起きる情事に期待を寄せて。

指が、パンティをずらして、入れられる。

もう濡れてるじゃないか。いやらしいな。
お前のきついから、気持ちよさそうだな。
そのうち俺のちんぽ、入れさせてくれよ。

無言で頷く。
私はいつも、イケナイコトをしているコドモのような気分だった。
だって、相手は自分の親より年上の人だったから。
わたしは、大人を誘惑する悪いコだった。
そして、イケナイコトを、大人に教え込まれている・・・お店のなかで。

指を入れてかきまわされる。Gスポットをこすられる。
大きなバイブで責められ、スツールに座っていられなくなる。
フェラチオの仕方を教え込まれる。丁寧に、卑猥にくわえ込み、舐めあげる。
いつ人が来るのかわからない状態で。

マスターのエプロン前の一部は、私が来るといつも盛り上がったままだった。
私はいつも気持ちよくて鳴いていた。
いけないこと、恥ずかしいことをしたり、されていると思うと、
気持ちよくなって、よがり狂い、マスターに甘えた。

続く

マゾへの目覚め(1)

2008年11月28日 09:58

自分がMと気づいたのは昨年の1月か2月だったと思う。
休日は時間をもてあましていて、ネットサーフィンやゲームをやってた。

なんとなくいろんなHPやブログを読んでいて、目に焼きついたのがSM。
美しいM女たちの裸体。首輪。緊縛された姿。
強烈に嫉妬した。そして、自分もMであることに気づいた。





はじめてsexをしたのは学生時代の夏ごろ。
ホテルにも行かないで、彼の車のなかで。
大学構内の駐車場だから、夜でも人通りがあって、
私は、見られるのではないかとどきどき。

私の姿は、そのときによって全裸だったり半裸だったり。
時には車の外にでて、車の陰になるようにしたり。
とにかく駐車場でのsexはほとんど日課。

もちろん校舎内でもHなことはしてた。
あまり使用されてないトイレに連れ込まれては、
狭い個室でバックから入れらる。口を押さえられて、
声を漏らさないように。

学生休憩室のロッカーの隅においやられて、執拗に指で
クリトリスとオマンコを触られる。中に入れられて
かき回される。出し入れされる。
たまらなくなってハァハァ喘ぐ。気持ちよくて、足はがくがく来ている。
喘いでいても、時々ほかの人が入ってきそうな気配がすると
「もうやめて」と囁く。それでも彼はやめてくれない。

時々は、ホテルで1日中セックスした。何度も何度も。
身体は気持ちのよい疲労感でいっぱいだったけど・・・


あの、ドキドキ感が足りなかった。
「見られたらどうしよう」「恥ずかしいことされてる」
この感覚がどうしても得られなくて・・・
ホテルでのセックスは、全てを満たしてくれるものではないと思った。


続く

身に着けるもの

2007年09月22日 11:02

【仕事編】
牝犬めあり。は普段まじめにお仕事をしているので、
大体、膝丈スカートのスーツを着ています。
スーツを着ない日でも、できるだけ「地味目なお嬢様テイスト」な服を着ることを心がけています。
他の人からの第一印象が「ソフトで安心感がある」と思ってもらえるようにしたいからです。
ちなみにスーツフェチです。

【プライベート編・ボトム】
家に帰るとジーンズ姿でいることが多かったのですが、最近はご主人様の指示によりマイクロミニスカートを穿いています。
夏場はエアコンで冷えるので、レギンスを着用。これから先、寒くなっていきますが、かなりの冷え性なので、防寒対策と足やせ対策をしっかりしつつ、マイクロミニを穿き続けていこうと思っています。
(≧д≦)ノ~▽パンティ はTバックを穿くようにしています。

【牝犬セット編】
できるときは、首輪、股縄、ニップルリング、アンダークリップをつけています。
すごくエッチな感じで、つけているだけでも濡れちゃいます。


ブログランキングに参加してみました。あなたの一押しが、私の幸せに繋がります。

牝犬の自己紹介

2007年09月22日 00:02

牝犬めありについて、自己紹介しちゃいます。

【身体的特徴】
身長は低いです。ポッチャリしてるのでダイエット中です。
自慢できるところはEカップの胸だけ。
ご主人様の指示によりパイパンにしています。

【好きなもの】
ビターチョコレート、ケーキ、ピッツァ、生ハム、梅酒、紅茶、白いご飯、刺身。
アクセサリー、靴、鞄、メガネ、スーツ。

【性格】
癒し系と言われます。でも癒される方がスキ。
熱しやすく冷めやすい。

【趣味】
旅行。音楽。サックス演奏。買い物。食べること。読書。

【好きなコト】
Hなコト。恥ずかしいコト。バイブで責められるコト。
縄で縛ってもらうコト。あとは、コスプレしてみたいナ。
(〃▽〃)キャー♪

【好きなタイプ】
冷静沈着で、クールなご主人様ハァト

現在のHご主人様は2人目のご主人様です。素敵な方ですヨ。

そのほかにナニか聞きたいことがある人はドンドン質問してくださぁい。





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。